大好きな街のこと。 そして大切な家族のこと。
by ktwombly
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Hudson Valley

「静かな場所に行きたい!」という意見が一致して、

週末にハドソン・バレーに行ってきました。

a0122243_441468.jpg




ハドソン・リバーを北上すること2時間。
ここがニューヨーク?というような田舎の景色が見えてくる。
森や湖、どこまでも続く州立公園や牧場。
可愛い町や村も点在しています。

最初に着いたのは、とても小さな町「Liberty」。
こういう古い看板が好きです。
a0122243_572261.jpg



a0122243_512224.jpga0122243_55328.jpga0122243_543624.jpg


唯一オープンしていたカフェで休憩しました。

a0122243_5201159.jpga0122243_5202453.jpga0122243_5203675.jpg


a0122243_5233354.jpg田舎の小さなカフェは暖かい雰囲気があるから好きです。私はアーモンドのパイを食べました。娘は最初は大人しく座っていたのだけど。。数分後には椅子から飛び降り(最近は大人用の椅子に座ります)、カフェ内の徘徊を始めました。他のお客さんに遊んでもらったり、扉を開けて自由に出たり入ったり。そんな娘を追い掛け回すのはもちろん私の仕事です(苦笑)。夫はというと・・。のんびりサンドイッチを頬張りながら、お店の方と談笑中。これがまた長いっ!ついに娘が愚図りだし、私も疲れてピリピリしてきて、「ちょっとー、もう行こうよー」と促します。これがいつもの我が家のパターン(笑)。


アンティークのお店が多いことでも有名なこのエリア。
全てを触って壊そうとするお方も一緒だったので(苦笑)、
残念ながらゆっくり時間をかけて品定め・・というわけにはいきません。
静かな店内で、取り押さえられた我が子の叫び声だけが響いていました(汗)。

a0122243_538275.jpga0122243_5384150.jpg



他の町へと移動。
ここでも大きなアンティークのお店に入りました。
またもや自由に行動ができず、パパに抱っこされながら叫ぶ娘。
「どこの子が泣いてるの?」と、他人顔の母(→鬼)。
でもやっぱり可哀想で、手ぶらで店を後にしました。

a0122243_91108.jpg


a0122243_914493.jpga0122243_915624.jpg

[PR]
by ktwombly | 2010-08-15 04:34 | 旅行
<< Hudson Valley <続> パパと待ち合わせ >>