大好きな街のこと。 そして大切な家族のこと。
by ktwombly
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


9・11に想うこと

平和な日々がありがたい。

そんなことを思った今朝。

a0122243_2348132.jpg




長女を学校へ送り、公園を散歩していた今朝。
ふと考えてみると、今日は”あの日”だったんだ。
空には飛行機が一機。胸がどきどきしてきて吐き気がしてきた。

あの日の、あの朝のこと。
雲一つない空。空気の澄んだ秋の匂い。

私は、ワールド・トレードセンター近くの学校にいた。
大きな音がして教室が激しく揺れ、地震かと思った。
先生の指示があり外へ出ると、パトカーや消防車のサイレンが
けたたましく鳴り響いていた。英語力の乏しかった私には、
一体何が起こったのか、さっぱり分からなかった。

警官の叫び声。”ここから離れて!北へ歩きなさい”
クラスメートと早足で歩き出す。チャイナタウンを抜けて、
イーストビレッジまでたどり着いた時、後ろを振り返ってみると、
そこには雲のような白い煙がもくもくと膨れ上がっていった。
まるで映画のワンシーンのようだ、と漠然と思った。

夕方になり、またダウンタウンまで歩いて戻った。
今思うと、それはとても危険なこと。でもその当時の私は
マンハッタンの地理や距離感をあまり分かっておらず。
白い灰ですっぽりと覆われてしまったブルックリン・ブリッジを
友達と歩いて渡った。まるで大雪が降ったよう。
絨毯のようにふわふわで、不思議な感覚だった。

夕方になるにつれ、人が少なくなっていったストリート。
何とか学校の寮まで歩いてたどり着く。
けたたましく響くサイレン。疲れ切った顔をした人たち・・・。
男性のスーツも、女性のワンピースも、どれも真っ白になっていた。

******************************************************
夢と希望、少しの不安を抱いて渡米した日。
その日から10日足らずの出来事でした。
訳の分からない環境が、逆によかったのかもしれない。
怖いとか不安とかいう気持ちはほとんどありませんでした。

あれから12年。
あの日のことをこんなに真剣に考えたのは初めて。
次女が生まれて、今までより更に責任のある立場になったからなのか。
今日はいやにサイレンが鳴り響く。そのせいかな。


いつもの当たり前の日常に感謝・・・。

[PR]
by ktwombly | 2013-09-11 21:30 | 日常
<< 米粉のクッキー 子供・アンティーキング >>