大好きな街のこと。 そして大切な家族のこと。
by ktwombly
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


Kinderの入学準備

今朝、Kinderの受付に行ってきました。

パスポートに必要書類諸々を持って・・・。

a0122243_2534137.jpg




今週いっぱいで、2年間お世話になったPre-Kともお別れ。
本人は友達や先生との別れを気にしていないようで、
秋から始まる学校に通うことを楽しみにしているようです。
こういうのって、親の方が感傷的になってしまいますね。

さてアメリカの学校事情。
州、街、私立、公立によってそれぞれ違います。
Kinder(幼稚園)、Pre-K、小学校、全て”School”と
ひとまとめに”学校”という言い方をすることが多いようです。
娘はブルックリンの公立校へ通うことになりました。
希望校を10校書いて提出して、そこから抽選という形。

私たちは、説明会でいい印象だった学校や、
とても人気のある有名校(だからダメ元で・・・)も数校、
近所の学校(学区内に住んでいるから絶対に入れると思った)
を全部で10校選んで応募しました。

結果はなんと全て落選・・・。こんなことって・・・。
そして選んでもいない学校からのオファーが。
もうビックリするやらで、ショックを隠し切れませんでした。
どこもダメでも、自分たちの学区内のところなら入れるって
確信があったので・・・。(後で調べると3%の生徒が毎年、
学校区内に住んでいても落とされているそうです。)

夫が近所の学校に問い合わせをすると、
今現在は兄弟枠でいっぱいだから、Waiting listに載せて、
他の人が動くのを待つしかないですね。との回答。
もしかしてすぐに空きが出るかもしれないし、9月になって入学後に
通知がいくかも。もしかして無理かも・・・とのこと。

こんな不安な気持ちで夏を過ごすのかあ・・・と落ち気味な私に、
”Kinderに行くの楽しみ!○○ちゃんたちもいっしょだもん~”と
勝手に近所の学校に行くと思い込んでいる長女の言葉にグサッ。
”でもEちゃんは他の学校に行くかもしれないの。”と説明すると
どうして???というような表情に・・・。

こちらでは、Kinderに入ると翌年は自動的に同じ校舎の
1st gradeへと進みます。中学校に入学するまで通うところだから、
できるだけ近く、そして希望したところに娘を行かせたくて・・・。

そんなこんなで数か月が経ち、ある日近所の学校から電話がきました。
”空きが出たので、受付に来て下さい~”とのこと!
早速、必要書類を揃えて受付を済ませてきました。
これで間違いなく、学区内の学校に通うことが決まりました。

娘にそれを伝えると、分かっているのか分かっていないのか。(苦笑)
私も夫もホッと一安心。良かった良かった。
[PR]
by ktwombly | 2014-06-10 11:30 | 子育て
<< 長女・卒業。次女・発熱。 Popsとラム肉バーグ >>