大好きな街のこと。 そして大切な家族のこと。
by ktwombly
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


新学期が憂鬱だった頃

鎌倉市の図書館職員のツイート。
様々な反響があったようですね。

”新学期、学校に行くのが死ぬほど
辛かったら、図書館に来なさい。”
という内容。日本人にしては珍しく
新しい考え方なのかな。それを他の国民に
対して(子供や学生だけではなく一般的に)
拡散したというのは、驚異的だと思う。

いつからか、私も新学期が憂鬱だった。
それでも学校は行かなきゃいけない場所って
知っていたし、登校拒否もしなかったし、
保健室へ逃げ込むこともしなかった。

私はいじめっ子でもなく、いじめられっ子
でもなく、ただ影の薄い生徒の一人だった。
何かを発表したり、表現することが苦手で、
かといって友達がいなかったわけでもなく、
男子にもてなかったわけでもない。(苦笑)

そんな普通の生徒(だったはず)でも、
新学期が胃が痛くなるほど憂鬱だった。
あの頃、”嫌だったら無理に学校に行かなくても
いいのよ”って言ってくれる人が周りにいてくれ
たら、どんなに救われたか。親でも先生でも、
今回のように図書館の方でも。

私の親も、私がここまで学校嫌いだったことは
知る由もなく。その気持ちを話す機会がなかった
から仕方ない。子供って信頼できる大人に話す
だけで前向きになったり、問題が解決できたり
するもんだと思う。”話す機会”を作ってあげる
ことがとても大切なんだ、と改めて考えさせ
られた今回のツイートでした。






[PR]
by ktwombly | 2015-09-01 12:40 | 子育て
<< アンティークのフォーク 麦わら帽子とお腹イタ。 >>