大好きな街のこと。 そして大切な家族のこと。
by ktwombly
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


時差ぼけの治し方・2016

日本から戻って2週間が経ちました。
子供たちと食べた中村藤吉のバームクーヘン。
しっとりしてて、すごく美味しかった〜。


a0122243_11141057.jpg





今年の時差ぼけ具合。
長女はここ数年、時差ぼけなし。
やっぱり翌日から学校に通わせて、
いつものスケジュール通りに動くことが
時差ぼけなしのコツだと実感。

次女はアメリカに戻って2日間は
夜中の12時から朝まで起きていて、
朝になると眠るという正反対の日々。
運悪く、雨降り&冬のような寒さという
天気だったので身動き取れず、、、。

夜中の12時に起きられては私も辛いので、
今年は初めて”眠くなる薬”に頼りました。
子供用のアレルギーの薬で、アメリカでは
使ったことがある人多いんじゃないかな。
(Benadrylというカウンターで買える薬)

初めてとはいえ、長女には使っていたんだ。
鼻詰まりを取る薬としても有名だから、
時差ぼけ治す以外にも、鼻詰りで苦しくて
眠れない。って時に飲ませたり。

さて、こちらに戻った日から3日目の次女。
夜寝る前にBenadrylを飲ませたら、
あら、予想以上〜。朝までぐっすり。
翌日も同じように寝る前に薬。
それで時差ぼけは完治しました。万歳〜。

子供に薬、、、って批判的な意見もあると思うん
だけど。(汗)たまにの2回くらいなら私は全然
問題ないと思う、、、。 さっさと時差ぼけ治して
元気な生活に戻る方がいい!という考えです。。





私は普段から時差ぼけがない方だけど、
今回は念の為にこれを用意。
メラトニンのサプリメント。
アメリカではスーパーやドラッグストアで
購入可能で、副作用が少ないそう。
私も夜寝る前にメラトニン5mgを飲んだら、
翌朝までぐっすり眠れました。


a0122243_11112683.jpg














[PR]
by ktwombly | 2016-05-17 16:30 | 日本
<< ルバーブ&リンゴのジャム 京都でお会いしたかった方 >>