大好きな街のこと。 そして大切な家族のこと。
by ktwombly
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


カテゴリ:家族( 33 )

いつもの日常

母が帰って3日が経ちました。
在り来たりの、いつもの日常。
子供たちの送り迎えの日々。

そう、送り迎えが大変なのです。
姉妹それぞれの学校の送り迎え、習い事も
もちろん送り迎えが必要。そんな単純に見えて
意外と時間が束縛されるっていう大変さが
母にも理解してもらえて良かった。

こちらでは最低10歳までは、どこに行くのも
親付きが原則らしいです。州によっては
中学に入るまでとか。ヨーロッパの方のブログを
拝見していても、やっぱりアメリカと同じような
かんじみたいですね。アジアの国々はどうなのかな?
(でもアメリカでも、夫が小さかった頃は一人で
どこでも行けたらしい。どこの国も同じ?)

あっという間に11月。
ニューヨークの紅葉を母に見せれて良かった。


お土産の落雁。
秋らしくてかわいい。

a0122243_01322488.jpg



[PR]
by ktwombly | 2015-11-06 11:45 | 家族

ハロウィーンに間に合った

ハロウィーン前夜のこと。

パンプキン・カービングを終えました。


a0122243_01550863.jpg


More
[PR]
by ktwombly | 2015-10-31 13:05 | 家族

義父宅へ

先週末のこと、義父のお家へ。

お庭も紅葉が始まって綺麗でした。


a0122243_02085199.jpg


More
[PR]
by ktwombly | 2015-10-18 13:48 | 家族

自転車に乗って。

先頭は夫。と、チャイルドシートの次女。
その後を追いかけるのは、長女。
長女の安全確認役は、最後尾の私。

a0122243_09430572.jpg


More
[PR]
by ktwombly | 2015-07-13 16:15 | 家族

母が帰りました。

遠いところまで来てくれてありがとう。

a0122243_02253158.jpg


More
[PR]
by ktwombly | 2015-06-11 09:30 | 家族

寒い6月に母を迎える

日本から母が遊びに来ています。
夫が忙しい週なので、”手伝いに来て〜”って
何気なく言ったら、気楽に来てくれました。
あんなに飛行機が苦手だったのに、感謝。

この前までの暑さが嘘のよう。
寒くて寒くて、信じられないけれど、
ライトダウンをまた引っ張りだしました。
そして、子供たちは風邪っぴき。。。
特に次女の咳が酷く、寝不足中。
(ってしょっちゅう言っていますね。。。)

暑いのは嫌だけど、寒いと体調を壊しやすい。
どっちもどっちな、こんなNYの気候。

そんなこんなで、まだ母をどこへも
連れて行ってあげていません。
でも子供たちの風邪、そして学校の休みも
多い週、夫は忙しく夜中に帰る日々。
それに加え、次女のイヤイヤ期がすごくて。(涙)

こんな大変な時に母がいてくれて、
本当に有難く思っています。
私だけでこんな毎日を過ごしていたら、
育児ノイローゼになっていたかも?(苦笑)


こんなお干菓子、子供たちに大人気。
大文字、あと2ヶ月ちょっとだなあ。


a0122243_23142859.jpg






[PR]
by ktwombly | 2015-06-04 10:24 | 家族

夫への不満とお土産と

次女が昼寝中に、いただきます〜!

a0122243_0591138.jpg


More
[PR]
by ktwombly | 2015-03-13 16:15 | 家族 | Comments(6)

母との7日間

日本から、はるばる海を越え〜。
お土産たくさんありがとう!

a0122243_134504.jpg


More
[PR]
by ktwombly | 2014-09-26 13:20 | 家族

義父邸にて

この白い壁と青の瓶のバランスが好き。

a0122243_21482487.jpg


More
[PR]
by ktwombly | 2013-11-07 08:40 | 家族

ほっかむり姿のお祖母ちゃん

お祖母ちゃんの思い出と言えば、ほっかむり。
スカーフを頭に巻いて家事をしていたのを思い出す。
あとは、美味しい煮物や具だくさんのお味噌汁。
田舎の味、どれも本当に美味しかったな。

5月に里帰りした際、おばあちゃんに電話をかけた。
私が電話をしたことについて、涙を流して喜んでいたらしい。
”次、日本に戻ってきたら、遊びに来てね”と。
”赤ちゃんの顔を見せに来てね”とも。

もっと会いに行ってあげればよかったな。
小さい子がいるから、遠い国に住んでいるから、という理由で
なかなか会いに行けなかったけれど、手紙くらい書けたはず・・・。

過酷な戦争を体験しているおばあちゃん。
敵国だったアメリカへ私が移住すると聞いた時、どう思ったんだろう?
私のお婿さんがアメリカ人と聞いた時は、どう思ったんだろう?

私の母にはもしかして嫌味を言ったのかもしれないけれど、
孫である私には、結婚した時も出産した時も”おめでとう”と言ってくれた。


可愛がってくれてありがとう。
いつまでも忘れないよ。
[PR]
by ktwombly | 2013-10-27 20:10 | 家族