人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大好きな街のこと。 そして大切な家族のこと。
by ktwombly
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


不平不満で始まった新学年2週目

出先でカヌレをお土産に。


不平不満で始まった新学年2週目_a0122243_03314078.jpg




新しい学年が始まり、2週目に突入。
最初の週はとっても優しかった担任の先生が、
今週から急に厳しくなった!と不満を言ったのは
次女。なるほど、なるほど。それは大変だねえ〜、
と頷いてみる。とにかく話を聞いてあげること、
それに尽きる。→翌日から不満を言わなくなった。

長女は、自分が想像していた悪い予感がまんまと
当たり、勉強が大変すぎる。ストレスだ、と漏ら
した。こちらもなるほど、大変だ。笑
火曜の朝、どんよりした顔をして”学校から帰ったら
話を聞いて”と出て行ったので待っていたけれど、
帰って来た時には笑顔だった長女。

”ソーシャルスタディ(社会科)の先生が意地悪で、
他の先生もストレスばかり与えてくるの”。とか、
”体育の先生は好きだけど、筋肉痛になるくらいの
内容なの。”とか。聞いていると少し笑ってしまう
ほど可愛いらしいものなんだけど、真剣な顔をして
話を聞いてあげました。

”ママからのアドバイス欲しい?”と聞くと案の定、
”いらない”とのことで、そっかそっか。話を聞いて
あげるのが一番の薬だね。

コロナでまともに学校に通えなかった子供たち。
しかも長〜い夏休みもあり、学校生活に慣れるには
少し時間がかかりそう。

そこで思い出したのは、私の両親について。
学校も就職も結婚も、いつも私の好きな道を選ばさせ
てくれた。これについて本当に感謝仕切れないほどの
気持ちを常に持っている。

母曰く、”反対しないわよ。自分の将来なんだから
自分で好きな道を選びなさい。ああしろこうしろと
親が決めて、それで後悔&失敗した時に責められる
なんて嫌だわ”と。自分のことは自分で責任を持って、
という意味だったわけだ。

今まさにその言葉の意味がよくわかる。
勉強が厳しいことで有名な中学を選んだのは長女。
私が”そこに行きなさい!”と言っていたら、今頃
私を恨んでいたに違いない。。自分で行きたいと
希望したのだから、大変だと言いつつも頑張って
くれるに違いない。

因みに、”今の学校がそんなに大変で嫌なら、もっと
小さな町の学校に移るって選択もあるよ”と引越しを
ほのめかしてみた。(半分本気、半分冗談で)
すると”今の学校、好きよ。引っ越しも転校もしたく
ない!”と。彼女のハッキリとした気持ち、聞けて
良かったな。



私は一人の昼食を楽しみました。
冷蔵庫掃除も兼ねて残りもののオクラとニラ、豚肉の
お好み焼き。山芋もたっぷり入れて、ごちそうさま。

不平不満で始まった新学年2週目_a0122243_02270950.jpg


by ktwombly | 2021-09-23 02:52 | 子育て
<< 寒くなる前に、生姜ジャム完成 新生活が始まり、秋用の靴のお買い物へ >>