人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大好きな街のこと。 そして大切な家族のこと。
by ktwombly
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


リハビリを兼ねてブルックリンブリッジを渡る

いいお天気だった土曜日は、

リハビリを兼ねてブルックリンブリッジを渡る_a0122243_00361597.jpg
ブルックリン橋付近をお散歩することに。




アメリカのドクターはスパルタなので、、、
乳癌手術が終わって直ぐ、沢山歩くようにと
言われました。出産後と同じようなかんじ。
(でもスパルタと言ってもとっても優しいです!)

そしてアメリカ人の夫もスパルタなので、、、
術後は家事など率先してやってくれ、私のことを
かなり気を使ってくれながらも、”家の中ばかりに
いてはダメだ”と連れ出される機会も多く。苦笑
なので今は有難いことに足の筋肉も復活し、沢山
歩けるようになってきて良かった。


土曜日は家族でブルックリン・ブリッジへ。
まだ無理し過ぎると疲れがどっと出るので、この日は
ブルックリン側からマンハッタンまで渡らずに、途中で
引き返すことに。橋の上は多くの人が散歩していたり
写真を撮っていて、コロナ前のような混みよう。
特にヨーロッパからの旅行者が多かったなあ。皆さん
当然のようにマスクなどしていません。。そして以前は
多かったアジア人旅行者はほぼゼロ。。いつになったら
戻って来るのかな。


リハビリを兼ねてブルックリンブリッジを渡る_a0122243_00544617.jpg

美味しいコーヒーを買って。

リハビリを兼ねてブルックリンブリッジを渡る_a0122243_00493247.jpg

とにかくよく歩いた1日でした。ああ、いい疲れ。
家に着いたら、すぐ昼寝してしまった。


と、こんな風に術後3週間も経ったら沢山歩けます。
以前は傷口を気にして、腕を上げないようにしていた
けれど、ドクターの了解を得て腕のエクササイズも
開始していいらしい。自転車に乗ったりもしていい
らしく、春だし外で活動的に動きたいなあ。

先週は放射線科のドクターに会い、今後の治療計画に
ついて話を聞いてきました。とても優しい人柄で安心。
今週はその他にも癌のドクターと会う予約あり。
手術をしてくれた執刀医と合わせてこの3人がチームと
なって今後の私のケアをしてくれるんだとか。ナースや
ドクターたち皆が女性で、話しやすい雰囲気なので
病院に行ってもリラックスできます。

チームの中にはカウンセラーもいて、癌の告知後直ぐに
電話をかけてきてくれて、私の精神状態を確認してくれ
たりも。ありがたかった。しかも私の子供たちの心の
ケアについても話してくれて。癌のことで不安になって
しまったら、子供たち用のカウンセラーもいるから遠慮
せずに申し出てね、と勧めてくれたり。他の国のことは
知らないけれど、こういうところ、アメリカの病院って
すごいなって思う。



by ktwombly | 2022-04-05 01:18 | お出かけ | Comments(0)
<< 少しずつ元の生活へ アメリカで乳癌と診断されたら >>