人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大好きな街のこと。 そして大切な家族のこと。
by ktwombly
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


プリンスエドワード島の土はやっぱり赤かった

空から見ても、赤土なのがわかる!

プリンスエドワード島の土はやっぱり赤かった_a0122243_09354209.jpeg





小さい頃から”赤毛のアン”の世界に憧れていて、
いつかプリンスエドワード島を訪れてみたいと
いう長年の夢が遂に叶った!

それはそれは、とても美しい場所でした。
夏でも涼しい気候で、朝晩は寒いくらい。

今回はエア・カナダ利用。
NYからは直行便がないのでトロントで乗り換え。
NY/ラガーディア空港→カナダ/トロント空港までは
1時間40分の飛行時間。トロントでは入国審査があり、
次の乗り継ぎまでに1時間25分しかないのが不安。

なんて思っていたら最初の飛行機が遅延し、既に次の
フライトに間に合わないという事態に。エアカナダの
係員によると、トロントからプリンスエドワード島の
シャーロットタウンまでの次のフライトは夜の10時で、
到着はなんと真夜中。(それも遅延する可能性大)

夏休みで空港はいつもより大混雑、しかもコロナの影響
で人材が大幅に少ない。飛行機のキャンセルや遅延が
増えているのをニュースで見て知ってはいたけれど。。

数時間遅れでトロントに着陸すると、なんと次の飛行機
も大幅遅延だということを知る。もしかして間に合う?
という期待を胸に入国審査へ進み、その時点で搭乗中の
アナウンス、でもゲートはまだ閉まっていない!

”次の飛行機に乗ろう”と諦めたかのような態度の夫と
次女を説得し、一か八かで搭乗口まで猛ダッシュ。
でもそれが、また遠い。遠すぎる。。

”先に搭乗口まで走って”と夫にお願いし、係の人に
あと3人来ると説明してもらい、なんとか待ってもらう
ことに成功。途中、次女の”トイレに行きたい!”という
あり得ない発言もあったけど、とんでもない。
我慢させて走りました。ゲートまで到着すると既に
がらーんとしていて、他の乗客は既に着席済みでした。

そんな無茶苦茶な乗り換えだったけれど、機内は快適。
トロントからプリンスエドワード島までの飛行時間は
2時間。上空から見えた景色は、正に私が思い描いて
いた赤毛のアンの世界。これが噂の赤土、赤い砂浜。

プリンスエドワード島の土はやっぱり赤かった_a0122243_09370327.jpeg

google mapより。
北海道の稚内と同緯度だそう。

プリンスエドワード島の土はやっぱり赤かった_a0122243_03484355.png



by ktwombly | 2022-07-04 09:35 | 旅行
<< プリンスエドワード島・2022 農場からのお土産が一番嬉しい >>