人気ブログランキング | 話題のタグを見る

大好きな街のこと。 そして大切な家族のこと。
by ktwombly
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30


毎年一回の不安な日

昨日は嬉しいことがあったので、

毎年一回の不安な日_a0122243_06303404.jpg
簡単なケーキを作りました。





昨日は、1年の内で最も憂鬱な乳がん検診の日。
数ヶ月おきに癌のドクターと会って、その度に
触診してもらい何も見つかっていないから不安
になる必要はないのかもしれないけれど、、、。

やっぱり怖い。
マンモグラフィーは残念ながらデンスブレストの
人にはあまり期待できない技術だと私は思って
いて(どうせこれでは分かるまいと思っている)、
なので平静を装ってさらっとできるんだけど、
今回は痛かった〜。。。特に手術した方の胸を
ギュッと挟まれると涙が出そうなほど痛くて。

両胸が終わると技師が一旦席を外し、その間の
待ち時間が長くて拷問。待ち時間が長くなれば
なるほど嫌な予感しかなくて半べそ。2年前に
癌だとわかった時に友達が作ってくれたお守り
があって、それをズボンのポケットに忍ばせて
握り締めていました。

さっきの技師が戻ってきて(その時点ではマンモ
の結果は言ってくれない)次は超音波の部屋へ。
これはかなり正確に見れるから尚更怖い。2年前
も超音波で癌が見つかったので、嫌〜な思い出が
あるのです。無事に終了してドクターからの結果
待ちの間、これが先ほどよりずっと長くて20分
ほど待ったかな。さっきの技師が戻ってきて
”問題なし!”と言ってくれて肩の力が抜けました。
心の中でガッツポーズ。良かったあ。

家に戻ってお祝いのケーキを作っていると娘達が
学校から帰ってきて癌検診の結果報告をしたら、
2人ともハグして喜んでくれました。次の検診は
1年後。この心配も来年までしなくていいなんて
贅沢。嬉しいな。

他にも小さな嬉しいことが。
うちのペット達、パパとママを迎えてから3年が
経ちました。こんなに長生きしてくれると思って
いなく、今でも元気に走り回って懐いてくれて
本当にありがたい。私が癌治療していた時も家に
帰ればこの子達がいて、寝顔を見て癒されたり、
掌に乗ってきてくれてスキンシップ取ったり。
長女が大変な時もエモーショナル・サポート・
アニマルとしても活躍してくれました。

ケーキを薄めに焼いて、チョコレートのクリーム
を挟んで、いつもより丁寧に作ったらなかなか
美味しい仕上がりに。

毎年一回の不安な日_a0122243_03335392.jpg


by ktwombly | 2024-01-13 03:55 | 乳癌
<< 夜中から降り出した雪 2024年の始まり >>